日々是好日

煩悩だらけで無力で、罪深い人間の戯言です。

改革!

 何もしなかったら、何も起こらない!(シェークスピア)

 ぼくはこのことばが好きだ。過去の成功者は、周囲の反対や不満を押し切って、自分の信じることを成し遂げた人たちだ。ガリレオ・ガリレイもスティーブ・ジョブズもそうだが、彼らばかりではない、数多くの成功者がいる。逆に周囲に妥協してばかりいて、成功した人はあまりいないのではないか。


 今日、7チャンネルのFOOT・BRAINに出演した池田純氏、2011年、DeNAの横浜ベイスターズ買収に伴い、35歳の若さでベイスターズの社長に就任して、赤字続きだった球団を黒字に転換させた有能なビジネスマンだ。FOOT・BRAINで語ったことは、番組の最後でも紹介したシェークスピアの言葉である「何もしなかったら、何も起こらない」ということばに集約される。
 
 ぼく自身もこの言葉を信じているし、これまで、いろいろな場面で、そうしてきたつもりだ。ただ、ぼくには何かの能力が不足しているため、成功しなかった。それは何だったのかと思い悩んでいる。そこへ、この放送だ。興味深く見た。


 池田純氏がベイスターズでやったことは、徹底的な面談と細かいデータ分析、そして、意識改革。スポーツをビジネスとして成功させるには、チームの監督とは違うノウハウがあるということだ。このことは大事なことだ。今後、教育に関わる限り、重要なポイントになるだろう。


 世界で、「CHANGE」や「改革」という言葉がしばらく流行した。それが今、下火になったような気がする。安倍政権になってからは、「良心」や「誠実」というものを持たない人たちが国に貢献するような「道徳」を掲げている。桜も咲かないうちに、すでに、何かが散ってるような気がしてならない。

どんよりとした心

暖かい日が続いたら、また寒くなるこのごろ、今日は気温10度あまりの寒い一日、午後、買い物がてらの散歩、公園でソメイヨシノの蕾を見るが、まだまだ色づく気配もなく、仰ぎ見る西空は黒い雲でどんよりとしていて、小川沿いの道を歩けば白木蓮やユキヤナギが白い花を咲かせているものの、何となく心までどんよりとしてきて、考えてみれば、3月は仕事がなく、生活のリズムも狂いがちで、じゃあ、と言って、テレビをつけてみるが、どのチャンネルも興味深い番組がなく、だんだんつまらなくなってきて、それもそうだ、毎日のように、ニュースで、嘘つきたちがなじりあいをしていているかと思うと、芸能人たちが馬鹿笑いするばかりで、それに、うるさい携帯のコマーシャル、ギャンブル依存症やアルコール依存症を助長するコマーシャルを見て、うんざりするが、ただ、時には、酒を飲みながらのスポーツ観戦で少しは心が晴れる。





足踏みする春


 21日、靖国神社にあるソメイヨシノの標本木に開いた花弁が5つあり、東京で開花宣言が発表された。そして、今日は上野でも開花したという。いよいよ春が来たと思ったが、あまり、暖かさは感じられない。


 今日は公園に行ってみた。玉縄桜はまだピンクの花びらが残っているものの、すでに薄い緑の若葉がいっぱいになっていた。同じ公園内にはソメイヨシノもある。いろいろ見て回ったが、ピンクの蕾はひとつもなかった。春まだ遠い感じだ。


 春が顔を少し覗かせた後、足踏みをしているように思う。コートなしで歩いている人も少ない。公園は確かに玉縄桜や河津桜などがきれいに咲いているものの、団地内の道を歩いていたら、花はまだ少なく、いや、蕾があちこちに見えるが、まだまだ冷え冷えとした空気が春まだ通しという感じだ。


「春が来た、春が来た、どこに来た、山に来た、里に来た、野にも来た」というが、ぼくの身の回りを見回しても、本当にどこに来たのだろうかという気分だ。ただ、白木蓮はすでに咲き始めているが、やはり、ソメイヨシノが咲くまでは「春が来た」という実感がしない。



ギャンブル依存症(2)

 20日のNHKニュースで見たが、昨年警察が摘発した刑法犯罪、32万6000件のうち、パチンコやギャンブルに使う金欲しさが動機の件数が2328件で、そのうち、パチンコ依存症が1329件、一昨年比320件増、競馬や競艇などのギャンブル依存症が999件、一昨年比292件増だという。


 実に恐ろしいことだ。ギャンブル大国ならではの件数だと思う。割合で見ると、1%未満だ少ないかもしれないが、やはり、数千件というのは多い。その中には詐欺や強盗、恐喝などがある。


 警察庁はパチンコ機器製造メーカーに射幸心をあおるような機器の開発を控えるように指導するというが、そう簡単ではないだろう。次々と増えて行くパチンコ店、減る勢いはない。当たり前のことで、毎年、依存症でなくて適度に楽しんでいる人、依存症だが、何とか持ちこたえて罪を犯さない人、いろいろいるだろうが、依存症によって刑法犯罪で逮捕される人は増え続けている。


 例のカジノ法案が実施される前に、ギャンブル依存症対策を何とかしなければならない。今後、政府がどんな対策を打ち出すのか、注目しているのだが、どうも、今は森友問題等々、保身に関わる問題が山積で、それどころではないようだ。
  

WBC!

 WBC準決勝、日本とアメリカの試合をテレビ観戦した。大接戦の末、日本は1-2で敗れた。日本は守備のチームであったはずなのに、菊地選手と松田選手のミスで2点取られた。日本の1点は、菊地選手のソロホームラン。


 かつて、アメリカのリーグ(MLB)を大リーグと呼んでいた。漫画「巨人の星」では「大リーグボール養成ギブス」などというのも登場した。「大」をつけるのはそれだけ、日本のリーグにあこがれている証だ。

 

 だが、今回のWBCを見ていて思ったのは、オランダの4番バッターであるバレンティンは日本のヤクルトスワローズの4番バッターで、準決勝先発投手は日本のソフトバンクホークスのエースだ。MLBばかりのプエルトリコ相手にどちらが勝ってもおかしくない試合をした。日本もMLBのすごい選手たち相手にこちらもどちらが勝ってもおかしくないゲームをした。


 日本のリーグもそれほど劣っていないということだ。ただ、1試合接戦をしたとはいえ、数試合すれば、どうなるかわからない。ここは、決勝トーナメントではなくて、決勝リーグとして、4チームで戦い、最も勝率のいいチームを優勝としたらどうだったろうか。違った結果になっていたかもしれない。


 またリーグの力を図るのに、できれば、サッカーのクラブワールドカップのような試合があればいいと思う。そうすれば、MLBと日本のリーグの力の差も歴然とするだろう。そのうえで、MLBを大リ-グと呼ぶような謙虚さも必要だが、やはり日本のリーグも自信をもってほしいし、そういうものを培う上で、高める上でも、国内だけでなく国際的な試合を増やして、交流をさらにしたほうがいいと思う。