日々是好日

煩悩だらけで無力で、罪深い人間の戯言です。

生命を全うする桜!


暮れゆく春、夏の到来を感じるこのごろ、雑草が生い茂る地面に落ちたピンクの花びらを踏みしめながら歩いていて、ふと見上げると、桜の木には、落ちそうで落ちない花びらたち。そうかと思えば、まだまだ元気に咲いている花びらが青空に映えて明るいピンク色の凛々しい姿を見せている。時が過ぎ、どんなに時代が流れていっても、自分の生命を全うさせることの美しさ。花は満開のころだけではない。粘り強く明るく精一杯生きて、行く人の心に灯りをともす姿こそいいのだ。




×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。