日々是好日

無知による思い込みが偏見を生み、人間の持つ煩悩が憎悪を生む。

行く春!


 昨日は暑かった。散歩中、上着を脱ぎ、シャツの袖を捲って歩いた。周りを見れば、半袖ポロシャツ姿の人もいた。予報でいい天気だと言っていたが、ここまでかと驚いた。


 また、あちこちで、まだ散らずに頑張っている桜も見た。チューリップやいろいろな花も咲いていた。春真っ盛りだと思いながらも、夏のような暑さに驚かされた。


 うちへ帰ってから、ニュースを聞くと、日本の各地で今年最高気温になったという。東京は26度、九州竹田市では29度あったとか。行く春、来る夏ということか。


 今朝は汗をかいて目覚めた。天気予報によれば、今後1週間、20度以上の日が続くという。そろそろ夏用の布団にしたほうがいいかもしれない。


 ただ、季節はアナログ的なものであるはずだ。晩春の中に初夏が内在していて、初夏の中に晩春が内在しているものだ。季節も時代も徐々に変化していく。


 身の回りの世界も世界情勢もそうだ。徐々に変化していく。ことばも少しずつ変化していく。新しい時代へと移り変わる。すべてアナログ的な変化だ。


 自分の人生の時も流れていく。少しずつ体力が衰え、考え方も変わっていく。変わらないものもあるだろうが、少しずつだが、明らかに変化していく。


 花が散るようにいつか自分も散っていく。有限な人生。人の生き方を真似していても仕方ない。自分らしく、粘り強く生きて行こうと思う。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。