日々是好日

煩悩だらけで無力で、罪深い人間の戯言です。

やっぱりついてない!

 今日は少し早く帰れた。いつも程は混んでいなかったが、座席は空いていなかった。いつものように降りるかもしれないと思う人の前に立っていたら、次の駅で、その人の右隣の人が席を立った。


 席を立った人の前、つまり、ぼくの右側には誰もいない。座れると思いきや、僕の後ろにいた人が、素早く空いた席に座った。50前後の女性だ。すごいパワーだと感心!だが、今日は特にリュックが重い。書類がいっぱい入っているのだ。ぼくの腰はもう少しで、悲鳴を上げそうだ。


 網棚に置けばいいと言われるかもしれないが、慌て者でうっかり者のぼくはしばしばものを忘れる。だから、荷物は自分の体から離さないようにしている。


 結局、今日もぼくの前に座っている人は僕と同じ駅で降りた。まあ、いいか!明日明後日は休みだ。ゆっくり体をいたわろうと思う。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。