日々是好日 - Seize the Day

煩悩だらけで無力で、罪深い人間の戯言です。

可憐な花!

かわいい白い花に目を引かれる。
可憐な少女を見た時のように、
思わず目を見張る。


かつて、同僚がぼくに言った。
どうして、せかせか歩いて、
道ばたの花を見ないんだと。


今、土日さえも
しなけらばならないことがあって、
けっこうせわしなく生きている。


そんなとき、少しの暇を見つけて、
可憐な花を見つけたとき、
同僚の言葉を思い出す。