日々是好日

煩悩だらけで無力で、罪深い人間の戯言です。

宗教と政治と戦争!

宗教が政治を行っている国では戦争が絶えない。
宗教こそ戦争の源はないかと思われてならない。
まず第一に必要なことはどんな宗教も認めることなのだが、
宗教は他の宗教を嫌うことが戦争の源になる。


そう考えると、宗教を捨てることが第一だ。
政治に一番必要なことは一つの宗教にはまらないことだ。
政治に必要なのは無宗教、そして平和主義だ。
今最も必要なのは平和主義以外ない。


どんな主義でも宗教でもいい。
平和を求めてほしい、
戦争を望まないでほしい。
ただ、ただ、それだけが願いだ。


宗教が本来求めるものは平和であるはずだ。
利権争いではないはずだ。
その点、アメリカもイスラエルもパレスチナも
何か間違っているようでならない。