日々是好日

煩悩だらけで無力で、罪深い人間の戯言です。

サイレント・マジョリティ

 テレビのクイズ番組で、イノベーション(改革)、コンセンサス(意見の一致)、コミットメント(約束)、モチベーション(意欲)、イニシアチブ(主導権)などの外来語を日本語に訳せ!という問題が出ていた。
 マジョリティ(多数派)という言葉はおもしろいと思った。少数派を意味するマイノリティはよく耳にする言葉だが、マジョリティということばはあまり意識していなかった。
 サイレント・マジョリティというのもこの番組で初めて知った。「静かなる多数派」ということらしい。
 コメンテイターなどが、今年は上向きの景気で年が明けたなどと言うが、サイレント・マジョリティたちはそんなことないと言いたいところだろう。
 本当に外来語が増えている。小池都知事はやたらと外来語を使うが、これはどういう意味があるのだろうか。日本語で言えばいいものをと思う。